ダイワハウスマニアが建てた単純な家

web内覧会と、ウチに使いきれなかった知識を記事にしています。大和ハウス xevoΣ 新築一戸建てシンプルハウス

トイレ用お掃除ロボットゲット【ちゃおふろく】

我が家は、床の掃除はほとんどルンバさんにお任せしています。

ルンバ神!と毎日その恩恵を受けているのですが、ひとつ悩みがありました。

それはトイレ。

トイレはルンバさんが入らないんですよ、狭くて。

だから渋々掃除機を出すのですが、ずっと小さいルンバないのかなーと思っていました。

 

それは突然やってきました。

私もヤフーニュースで知ったのですが、ふろく史上初の機械がふろくになった!というもの。

何の機械だろうなと興味本位で読んでみたところ、なんと「お掃除ロボット」とのこと。

 

ファー!これは買いだろう!たとえネタだとしても!

 

てことで、早速近所の本屋さんへ。

普段買わない私が買ったら、本来の読者である少女さんたちにご迷惑にならいかなと心配してたのですが、レジの後ろに山積みされていて一安心。

新刊と売れ筋商品しか置いていない小さな本屋さんなんですが、情報が届いているんだなと変なところで感心しました。

 

その雑誌というのが「ちゃお 4月号」 


 

 あれ、なんか値段がめっちゃ上がってる?在庫切れ?まぁ、そうなるか?

とりあえず定価は580円でした。

 

箱。

f:id:iemake:20170304001857j:plain

 「このふろくには単4アルカリ乾電池2本が必要です」とのこと。

よし、持ってる!

 

続きまして、中身のご紹介。

この黄色のマスコットは必要なのか?と疑問に思っていましたがモーターを隠すためのパーツの役割でした。

f:id:iemake:20170304002019j:plain

 

 組み立てが必要ということだったので、組み立てました。

図解もありましたが、カラー写真でわかりやすく。

f:id:iemake:20170304002134j:plain

モーターで動くんですね!小学校の理科とかで出てきましたなぁ。

ほうほう、なるほど ワクテカ(0゚・∀・)

 

説明書を読み進めていって、驚愕の注意書きが。

消しゴムのかすより大きいものはすいこませないでください

 \(^o^)/ オワタ

 

f:id:iemake:20170304002456j:plain

よくよく見ると、この丸が吸い込み口でした。

その大きさ、なんと1センチ。

 

ムリじゃね?これ。

トイレに落ちているのは主に髪の毛なんですが、無理じゃね?

 

まぁ、値段が値段だし、3回くらい動いてくれればいいかなーと思っていたので、試しに机の上でいざ始動!

 

ウィ~~ン

 

と、モーター独特の音が。

 

ちょこまか動いたかと思うと、髪の毛を吸い取った!

ブラボー!

 

防止落下センサーつき、そしてちゃっかりバンパーついてるよ。

意外と吸引力もある!

わりとまともに動いて、感動というよりは大爆笑してしまいました。

 

くるくる動いて シュール!

 

30秒くらい(・∀・)ニヤニヤながめていたら、ふと異臭が。

なんか、ミニ四駆走らせているときに嗅いだにおいと同じ。

これは、モーターが焼き付いてきた系!?

 

速やかにストップ。

 

ダストボックスwには、ちゃんと髪の毛が収まっていました。

長時間運転はNGですね。

 

欠点があるとしたら、吸い込み口が小さいところかな。

ちゃんと穴の上にゴミがないと吸い取らないんだもんwww

 

しかしながらこのふろく、話題作りとはいえ完全に赤字ですよね。

素晴らしいと思います。

 

我が家のルンバちゃんと大きさ比べ。

f:id:iemake:20170304003545j:plain

赤線がトイレなんですが、ルンバのサイズが大きすぎて、奥まで届かないんです。

このおそうじロボット「プリちぃおそうじロボCHI-01」ちゃんはご覧の通りのミニサイズ。

 

壊れるまでがんばってね!我が家へようこそ!

 【入荷待ち】 小学館 ちゃお 【2017年 04月号】

 

本体である雑誌は、せっかくなので読ませていただこうと思います。

いい年こいたおばちゃんにはつらいけどね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 にほんブログ村 住まいブログへ