読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役ハウスメーカー社員の新築家作り

HM勤務の旦那と一緒に新築一戸建てを建てました。

転勤族の我が家が新築一戸建てを購入した理由

今さら感がすごいような気もしますが、書かない理由もないし、どなたかの参考になるかもしれないので。 ====

我が家は転勤族ですが、夫の勤務先の引っ越しスパンはそれほど短くありません。

今の感じだと次の転勤は10年前後、もしくはそれ以上先になるかな、というところ。
ある程度は現在の土地で暮らせるというが最大の理由でした。

2、3年ごとに転勤となると、今の土地がとても気に入っていても家は建てなかったと思います。
当然ですよね。

そして夫の中では、家を建てることは人生設計の中の決定事項。
マンションを買うという選択はまったくありません。

さて、家を建てようとしたきっかけですが、些細な夫婦の会話でした。

今の土地に引っ越してから2年目の、マイホームなんて考えていなかった、ある日。


 管理職になったら3年くらいごとに転勤があるんだよ
 その時は単身赴任だね。で、何年後になれるの?
 なれたとして15年後とかかな?
 そっかー。じゃあ次の転勤で家を買う感じになるのかな
 そうだねぇ
 けど、次の転勤先が良いところとも限らなくない?
 ここ良いところだよね。都会すぎず田舎者すぎず
 次の転勤までしばらくあるよ。あれ?てことは買うタイミングって今じゃね?
 ……今かも?


ということで突然降って湧いたかのような話に、状況は一変。
その日はドキドキが止まりませんでした。

次の週には土地探しスタート。
具体的には2015年2月に家を建てようと思いつき、5月に地鎮祭、7月末に引き渡し、8月初旬に引越しという、6ヶ月の短期決戦でした。
我ながら早い。


ここまで早くできたのは、
・理想的な土地がすぐ見つかった
・夫婦で家のコンセプトが一致している
・決断が早い
・工事日程がうまく噛み合った
・夫が専門家
ということが大きいです。


その他にも
 2回は家を建てる
 旦那に任せれば悪い家にはならんでしょ

という気負いのなさだと思います。

全責任一発勝負なら、もっと慎重になっていたと思います。

ではまた次のお話で(*^ー^)ノ



にほんブログ村 住まいブログへ


広告