読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役ハウスメーカー社員の新築家作り

HM勤務の旦那と一緒に新築一戸建てを建てました。

おしゃれな家にはブランコがある

そう言ったのは、同じ時期に家を建てたご近所さんです。
それを聞いた私は、「ぷっ」と笑ってしまいました。
というのも、我が家にはブランコがあるのです。


室内ブランコが欲しい




きっかけは何だったか、あまりにも軽い会話だったため忘れてしまいましたが、

 新しい家にブランコ欲しい
 いいねー

くらいのものでした。
我が家の場合、ハウスメーカーが天井にブランコを吊るすための金具を付けてくれました。
天井部分には鉄骨があり、その鉄骨には穴が開いています。
そこに「ずん切りボルト」(ボルトの部分がとても長い)を入れて室内に金具を伸ばしました。

素人の私には名前を聞いても図を見てもさっぱりわかりません。

しかし説明を続けるとするならば、少し出たボルトの穴を避けるようにしてクロスを貼り、ベースのできあがり。
ドッキングするブランコは別でくっつけました。


buranko1

夫作成のブランコ。
乗るスペースは50センチほどあり、公園のブランコより広々。
もちろん大人も乗れます。
というか、私が乗りたかったので大人用に作りました

取り外しも可能で、ブランコを外せば穴だけが残るだけという、かなり目立たない設計。
クロスなどを貼って補修すれば、ほぼ見えなくなります。
すごすぎ設計!!

上の写真だけだとものすごく美しいですが、実際はもっと手作り感があります。


buranko2

味があって良い!手作りだし!
まわりはクッションを付けて、当たってもあまり痛くない設計になっております。

いすの板は洗面所のフロアの残りをもらって作りました(夫が)。
緑の紐は、工事用に売っていた安い紐。


 持ち手部分も同じ紐で・・・
 ちょおっと待ったー!
 なに?
 そんなザラザラした紐絶対に嫌だ!ダサいし!
 じゃあどうするの?なんか良い考えある?
 うーん(店内キョロキョロ)  ぴこーん閃いた!


犬を飼っているお客さんにはすぐに「これって犬のリード?」って聞かれます。
大正解!
感触はツルツルしていて、わりとおしゃれ。
我ながら良い案です。

ただ、条件を満たすリードは限られており、選択肢はほぼない状態でした。
ペットショップをはしごする元気もなかったので、結局色違いに(;´Д`)
長さ3メートルの大型犬用のリードで、40~50kgくらいの犬まで大丈夫、ってあったような。
お値段1本4000円。
ブランコの材料費はもろもろ含めると約一万円。

とても丈夫なため、ブランコには120kgの体重の人でも乗れるようになっています。
すごいでしょw

家に来たお客さんは、子供はもちろん大人も興味津々。
大人でも大丈夫ですよ、と伝えると、ほとんどの大人が素敵な笑顔でブランコに乗ってくれますw
室内用ですので、公園にあるブランコのように激しくは漕げませんが、それは仕方がありません。


ブランコを付けたい



ブランコを付けたい方は設計の段階から営業さんや設計さんに希望を伝えた方が良いでしょう。
実際の金具の固定の仕方などは、大工さんや現場監督さんと相談することになるはずです。
現場監督さんとは地鎮祭からの付き合いになるので、早めにお話してください。
配管などと同じで、後からだと上手にできないことが多くなります。

そして気になる値段ですが、言い値になるでしょう。
ブランコは標準設備などではなく、むしろ特注のオプションになります。
マニュアルがあるわけでもないので、金具の付け方も担当者次第、となります。

夫は我が家を含めて2件ブランコを設置しましたが、固定の仕方はまったく違うと言っていました。

いす部分も、特注になるはずですので、お値段は不明。
ネットで売っていますので、そちらで購入したほうが無難なのかも。

いちばん簡単なのは、ハンキングチェアですね。

おしゃれだし、とりあえずは丈夫のはず。
デメリットは値段が高いことと、場所がとても必要になります。

需要はないでしょうが、さらに詳しいブランコの話はいずれまた。



広告