読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役ハウスメーカー社員の新築家作り

HM勤務の旦那と一緒に新築一戸建てを建てました。

ハウスメーカーは営業で決めろ

ハウスメーカーの選び方

f:id:iemake:20170106004315g:plainハウスメーカーは営業で決めろ

え、マジですか?いや、あの、好みのハウスメーカーで決めるんじゃないんですか?
実際、私がした質問なのですが。

 

 

予算などの関係で、家を建てる会社はだいたい三社くらいまで絞られるはずです。
そこからハウスメーカーを選ばなければなりません。
その決め手が、夫は営業だと断言するのです。

 

家を建てるまで、たくさんの関係者とお話をします。

でもほとんどが短期間での関係。
しかし営業の場合のみ、営業本人が転勤や退職をしない限りは一生の付き合いになります。
良い家を建てるには、良い営業に当たることが大切。

営業の信頼度が高いほど、総じて家への満足度も高い
(※夫調べ)

家の契約をするまでには、いくつか工程があります。
営業と話をし、間取りを提出してもらい、見積書をもらい、納得した会社で契約。
営業は施主の要望を的確に汲み取ることが最大の仕事です。
他の人から見れば変わっている家でも、本人が満足していれば家作りは成功と言えます。

 

自分の意見がうまく伝わらなければ、理想の家にはなりません。
施主の好みやライフスタイルを把握して、それを正確に表現し、時には予想以上のアイデアを出すことこそが営業の腕の見せ所です。

たとえば、A社とB社、ほぼ同条件の会社があったとします。
A社に好印象の営業がいて、間取りなどの良案を出してくれたとしましょう。
A社の営業は気に入ったけれど、他の部分はB社が魅力的だった。
もちろん、A社で気に入った間取りを作ってもらったとして、B社に持ち込み交渉し契約するのでもOK。
しかしその間取りはあくまでも仮のものなのです。

 

打ち合わせをすることは、契約後何度も何度もあります。

細部の変更も多いです。
それなら施主の意見を細かく汲み取ってくれる営業の方が、よりスムーズに事が運ぶことでしょう。
楽しく打ち合わせができれば、アイデアもあふれて、きっと良い家になるはずです。


良い営業、悪い営業



さて、ではどういう営業を選べばいいのでしょうか。
これは人間関係と同じで、相性としか言いようがないのですが。
それでもポイントの述べるとすれば、
良い営業は良くメモを取る人。悪い営業は、良いことしか言わない人。
直感で選んでください。
良い営業に出会えるといいですね★←丸投げ



f:id:iemake:20170106004340g:plain 営業ってどう決まるの?そのときに暇な人?

f:id:iemake:20170106004315g:plain 展示場ならいちばん初めに会った人だよ

f:id:iemake:20170106004340g:plain そうなの?日にち置いて行ったらまた変わるの?

f:id:iemake:20170106004315g:plain 変わらないよ。当社に来ていただいたことはありますか、って聞かれて、最初の人が来る

f:id:iemake:20170106004340g:plain そうなんだー。でもうちの近所に会場ふたつあるじゃん。違うとこ行ったらどうなるの?

f:id:iemake:20170106004315g:plain そこでは違う営業が接客するけど、話が進むんだったら最初の営業に戻るよ

f:id:iemake:20170106004340g:plain えーじゃあさ、あんまり好みの営業さんじゃなかったら?変えてもらえないの?

f:id:iemake:20170106004315g:plain 変えれないことはないけど、理由聞かれるよ。何か不都合がございましたか、って

f:id:iemake:20170106004340g:plain それ気まずいね。じゃあ本当に運とご縁の世界だね


広告