読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役ハウスメーカー社員の新築家作り

HM勤務の旦那と一緒に新築一戸建てを建てました。

雨の日を避けたい工事

建材

先日、夫がぼやいていたのを思い出しました。

曰く、お客様に雨が降っても大丈夫ですよと説明しても理解してもらえない、と。

今の時代はいくらでも情報が拾えますので、調べれば不安なこともたくさん出てきて心配になってしまうのもわかります。

自分の場合はハウスメーカーに任せてれば大丈夫★派なのですが、単に調べるのがめんどうなだけだったりします。

今回はそんな心配性の方のために、工事関係のことについてお話させていただきます。

続きを読む

間取り公開【一階】@現役ハウスメーカー社員の家作り

web内覧会

ふと、間取りを公開しようと思い立ちました。

とあるハウスメーカーさんのソフト?を使用させていただいて、作成。

平面図は夫がバレる~と心配しているものでw

今のソフトは3Dなんかでも見れたりするので、便利ですね。

続きを読む

入居後アンケートに答える

web内覧会

少し前の話になりますが、我が家にハウスメーカーから入居後アンケートの記入依頼が届きました。

現在の家に入居して一年弱、夫だとアンケートに偏りが出そうということで、妻の私の出番です。

ついでに申しますと、アンケート記入の粗品プレゼントにも釣られましたw

 

f:id:iemake:20170106004340g:plain で、私の率直な意見で良いの?

f:id:iemake:20170106004315g:plain もちろん。アンケートはそれが目的だからね

f:id:iemake:20170106004340g:plain じゃあ素直に書くからね

 

しっかり断ってから記入。

 

アンケートの内容は、入居してからの使い心地の感想が主でした。

生活動線に満足しているか、収納は満足か、照明の取り付け位置は適切か、など。

 

「大変満足」「満足」「普通」「不満」「大変不満」の五段階評価。

 

私の評価は「大変満足」6割、「満足」4割。

特に不満と思ったことはないので、お世辞抜きです。

 

直感で答えて、厳重に封を。

あとはポストに投函するだけ~と思っていら、夫が開封!

 

f:id:iemake:20170219003331j:plain

 

住み心地に関してのアンケートを目にすることはないので、気になったようです。

 

自分の勤めているHMに自信があった夫、「満足」の評価ですらご不満というか驚愕の様子。

 

評価の理由を書くスペースがあるのですが、「キッチンの手入れのしやすさと使いやすさ」という項目は書いてなかったので(私がスルーしてしまった)、動揺しながら理由を聞いてきました。

 

f:id:iemake:20170106004315g:plain 使いにくい?

f:id:iemake:20170106004340g:plain 使いにくくはないよ

f:id:iemake:20170106004315g:plain じゃあ、ど、どうしてそう思ったのですか?

f:id:iemake:20170106004340g:plain キッチンの手入れは前の賃貸と比べて劇的に改善したと思えないからかな

 

 

評価は最新の記憶と比較される

  

私たち夫婦は、以前の住居は新築の賃貸でした。

つまり2013年くらい(忘れた)に建てられた物件。

それより前は2011年くらいの、こちらも新しめの物件。

 

汚れていてもさっとスポンジで拭けば綺麗になるレベルの使いやすいシンクです。

それらと比べたら、今回のシンクも同じ感じなので特に目新しい使いやすさはありませんでした。

 

だから評価は「満足」になったわけですが、築25年の実家のシンクと比べれば、使いやすさは格段にあがっています。

 

夫に説明しながら、あー、これは、「以前と比べて」という無意識な思い込みがあったから、評価が落ちてしまったんだなと感じました。

築浅物件に住み続けていた私がアンケートを書いたので、全体的に満足度MAXにはならなかったわけです。

 

 

他にも「玄関の扉」も「満足評価」にしました。

「大変満足」ではない理由は、閉まりにくいから。

 

でも、わざわざ業者さんを呼んでまで直してほしいとは思わない。

ハウスメーカー側としては、アフターサービスで対応するので、むしろ呼んでくださいよ(><)って感じなんでしょうね。

 

そうすると私、あまり良い施主ではないのかも?

 

夫は玄関の扉は油を使っていて寒くなってくると油が固まってきて開閉があまりスムーズに行かなくなるんだよどーのこーのと言って、アンケートを読んだ数日後には対応されていました。

ありがとー。

 

たかが一人の施主のアンケート。

全体で集計すると埋もれてしまうような内容ですが、評価にはそれなりの理由があるのです。

五段階評価だと情報量が少なすぎて正確に伝えられなくて、すみません。

 

にほんブログ村 住まいブログへ

 

階段をこだわる

間取り

今回は階段の種類についてです。

階段は部屋の間取りに合わせて形を変えることが多いので、配置やデザインを気にすることはあっても形状を気にすることはあまりないかと思います。

しかしせっかくなので、ハウスメーカー社員らしく階段の豆知識などを披露させていただきます。

続きを読む

天井の高さを変える

インテリア

時代が進むにつれ、家作りの流行りや技術も同じように進んでいます。

その中でもオプションとして当然のように紹介される天井の高さUPのお話。

少し前までは2400ミリが標準で2600ミリが流行り。

でも近年はそれよりももっと高い天井が出てきました。

併せて、床を低くしてさらに部屋の空間を広くしようという工夫がされはじめてきましたが、今回は天井を高くすることについて、焦点を当てていきたいと思います。

続きを読む

広告